日本発!世界初!<br>エンターテイメント語学スクール<br>「Cosplish」<br/>: Maximal Broken English - vol. 33 -
日本発exclamation世界初exclamationNEWエンターテイメント語学スクールですぴかぴか(新しい)
語学wo学ぶのにまじめにやっていたら長く続きませんよね。
重要なのは継続すること。
「継続は力なり」です。 では、継続するのには何が必要ですか・・・exclamation&question 
手(パー)そう、必要なのはまずは「楽しむ」ことです。
CosplishはFun-Funの関係をMottoに、生徒と先生、みんなが楽しい時計を過ごしながら身に付く、学べる語学スクールを追求していきたいと思っています。
そして、誰もが自分を飾らず、隠さず目に自分自身をオープン無料にして学べる、スキルグッド(上向き矢印)スポットを目指しますexclamation
英会話はツールアートです。
使い方を学び、使う場所を選び、使う時に出会う。話したい相手、話さなくてはいけない相手に自分の意思を伝えることが重要であって、道具屋さんを目指す必要はありません。それぞれの方法で目的に近づくために、習い慣れるよう、少々の努力を入れてください。
Cosplishはそんな貴方が楽しく演劇気持ちよくカラオケ、多少のストレス禁煙も発散リゾートしながら、目的に達するお手伝いをいたしますexclamation×2

2008年03月18日

Maximal Broken English - vol. 33 -

みなさん、元気ですか〜!
やる気があれば何でも出来る。
言う気があれば、誰でも言えるMaximal Broken Englishの時間です。

さて、今日は昨日の続きで「in」の前置詞を見ていきましょう。

inは前置詞で「・・・の中にいる・ある」という意味です。

まずは、通常イメージする「中」をメインにみましょう。
お母さんはキッチンにいるよ。
Mom is in the kichten.

次は渋滞につかまる・いる(渋滞の中にいる)
We are in a traffic jam.

並んでいます?(列の中、線の中にいるとイメージ)
Are you in line?

彼女はパジャマ姿だった。(人がパジャマの中に入っている)
She was in her pajamas.

少年は野球帽をかぶっていた(全体でなくても、部分的に入っている場合でもOK)
The boy was in a baseball cap.

各シチュエーションは違えど、inのイメージが膨らみましたか?
inは日本人にも理解しやすく、使いやすい単語ですが、
使う頻度は多くとも、範囲はまだまだ狭いと思います。
こうして、inのイメージを広く考えると、もっと簡単にたくさんコミュニケーションをしていけるのではないでしょうか・・

See you next.

ひらめきAttention!!ひらめき
晴れ29日の講座はまだ席が空いていますので、まだまだ予約受付中ですexclamation×2
posted by Cosplish at 15:31| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Maximal Broken English | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。