日本発!世界初!<br>エンターテイメント語学スクール<br>「Cosplish」<br/>: Maximal Broken English - vol. 19 -
日本発exclamation世界初exclamationNEWエンターテイメント語学スクールですぴかぴか(新しい)
語学wo学ぶのにまじめにやっていたら長く続きませんよね。
重要なのは継続すること。
「継続は力なり」です。 では、継続するのには何が必要ですか・・・exclamation&question 
手(パー)そう、必要なのはまずは「楽しむ」ことです。
CosplishはFun-Funの関係をMottoに、生徒と先生、みんなが楽しい時計を過ごしながら身に付く、学べる語学スクールを追求していきたいと思っています。
そして、誰もが自分を飾らず、隠さず目に自分自身をオープン無料にして学べる、スキルグッド(上向き矢印)スポットを目指しますexclamation
英会話はツールアートです。
使い方を学び、使う場所を選び、使う時に出会う。話したい相手、話さなくてはいけない相手に自分の意思を伝えることが重要であって、道具屋さんを目指す必要はありません。それぞれの方法で目的に近づくために、習い慣れるよう、少々の努力を入れてください。
Cosplishはそんな貴方が楽しく演劇気持ちよくカラオケ、多少のストレス禁煙も発散リゾートしながら、目的に達するお手伝いをいたしますexclamation×2

2008年02月29日

Maximal Broken English - vol. 19 -

みなさん、元気ですか〜!

やる気があれば何でも出来る。
言う気があれば、誰でも言えるMaximal Broken Englishの時間です。

Wooo.... can't wait spring.....
I wonder i should get out here and just take a plane to Sounth East Asia for a month.


さて、今日もシチュエーションからではなく、単語からピックアップしたいと思います。
What's today's word?
OK, Let's provide「provide」!

「provide」の基本概念はmake something availabe for somebody to use by giving or lending or give what is neededです。つまり、必要であろうと思われるものを与えるときに使います。さらに、beforehead(あらかじめ)というニュアンスが含まれています。 つまり、あらかじめ必要なものや足りないものがわかっている場合に、それを与えるというときに使います。
supplyという単語がありますが、こちらは既にたりなくなっていきているものを補うという概念がありますので、明確な違いがあります。

では、簡単に例文を見てみましょう。
We provide customer assistance. 私どもでは顧客サービスをしています。

Transportation provided. 交通費支給。 もしくは、無料送迎サービスあり。と文脈によって、2つの意味になります。
こちらは、シチュエーションですぐに分かりますね。

Cosplish provide you most unique English class.


See you next
posted by Cosplish at 11:52| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Maximal Broken English | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。