日本発!世界初!<br>エンターテイメント語学スクール<br>「Cosplish」<br/>: Maximal Broken English - vol. 10 -
日本発exclamation世界初exclamationNEWエンターテイメント語学スクールですぴかぴか(新しい)
語学wo学ぶのにまじめにやっていたら長く続きませんよね。
重要なのは継続すること。
「継続は力なり」です。 では、継続するのには何が必要ですか・・・exclamation&question 
手(パー)そう、必要なのはまずは「楽しむ」ことです。
CosplishはFun-Funの関係をMottoに、生徒と先生、みんなが楽しい時計を過ごしながら身に付く、学べる語学スクールを追求していきたいと思っています。
そして、誰もが自分を飾らず、隠さず目に自分自身をオープン無料にして学べる、スキルグッド(上向き矢印)スポットを目指しますexclamation
英会話はツールアートです。
使い方を学び、使う場所を選び、使う時に出会う。話したい相手、話さなくてはいけない相手に自分の意思を伝えることが重要であって、道具屋さんを目指す必要はありません。それぞれの方法で目的に近づくために、習い慣れるよう、少々の努力を入れてください。
Cosplishはそんな貴方が楽しく演劇気持ちよくカラオケ、多少のストレス禁煙も発散リゾートしながら、目的に達するお手伝いをいたしますexclamation×2

2008年02月12日

Maximal Broken English - vol. 10 -

みなさん、元気ですか〜!

やる気があれば何でも出来る。
言う気があれば、誰でも言えるMaximal Broken Englishの時間です。

It' raining today so just wanna to stay in !
We should secure our home.

さて、今日もシチュエーションからではなく、単語からピックアップしたいと思います。
What's today's word?
OK, Let's build 「build」!

「build」の基本概念はto make by putting things togetherです。つまりものを集めてつくり上げるという意味で、すでにあるものを組み上げていく、makeよりも時間を掛けてつくり上げる、要するに一気にではなく少しずつつくり上げていくという、processのニュアンスが入っています。
ちなみにmakeはbring into beingですので、何もないところから生じさせるという意味があります。

例えば、体を作る(鍛える)で「I build up my body」ですね。
「body」を「strength」に置き換えI build up my strengthにすると、体力をつける、力を養うという意味になります。

病み上がりの彼(女)にはYou have to build up your strength after illness.(病気のあとだから、体力をつけなきゃいけないよ)といえます。
オペの前で食欲を失った友達に Have some more, You have to build up your strength before operation.と言うこともできます。(もちろん病状によりますが)

ただ、ここでbuild up your body(もっと体を鍛えなさい)ではちょいちょい厳しいですよね。

ここで、Broken Englishなら You もhave toもupもいりませんね。
ポイントはBuild strength before operationの4つだけです。
まあ、これを棒読みする人はこのシチュエーションでいないでしょうから、相手もこの4つで理解してくれます。
そんなに難しい単語ではないですよね?
body=表面的、物理的な体
strength=内面的な体、体力
さえ覚えて間違えなければ全く全部同じように長い文章を言わなくとも大丈夫です。

First of all, You have to build up your vocabulary!!!

See you next

☆ATTENTION☆

24日(日曜)は無料体験レッスンをします!
コスプレ先生の感じを掴むには・・・・予約メールをしましょう。
席に限りがございますので、当日の受付はいたしておりません。
詳しくは、ブログ横のカテゴリにある「活動スケジュール」をご覧下さい。
posted by Cosplish at 14:46| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Maximal Broken English | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。