日本発!世界初!<br>エンターテイメント語学スクール<br>「Cosplish」<br/>: 海外店舗と日本店舗
日本発exclamation世界初exclamationNEWエンターテイメント語学スクールですぴかぴか(新しい)
語学wo学ぶのにまじめにやっていたら長く続きませんよね。
重要なのは継続すること。
「継続は力なり」です。 では、継続するのには何が必要ですか・・・exclamation&question 
手(パー)そう、必要なのはまずは「楽しむ」ことです。
CosplishはFun-Funの関係をMottoに、生徒と先生、みんなが楽しい時計を過ごしながら身に付く、学べる語学スクールを追求していきたいと思っています。
そして、誰もが自分を飾らず、隠さず目に自分自身をオープン無料にして学べる、スキルグッド(上向き矢印)スポットを目指しますexclamation
英会話はツールアートです。
使い方を学び、使う場所を選び、使う時に出会う。話したい相手、話さなくてはいけない相手に自分の意思を伝えることが重要であって、道具屋さんを目指す必要はありません。それぞれの方法で目的に近づくために、習い慣れるよう、少々の努力を入れてください。
Cosplishはそんな貴方が楽しく演劇気持ちよくカラオケ、多少のストレス禁煙も発散リゾートしながら、目的に達するお手伝いをいたしますexclamation×2

2008年10月01日

海外店舗と日本店舗

韓国のミスドは、かなり進化している

ミスタードーナツに限らず、マクドナルドを筆頭に外食産業が海外へ進出する場合、その国の地域に合わせた商品を展開する場合が多い。
それは、もちろん嗜好性の違いから来るものであるが、実は嗜好性というのは移り変わり行くもので、本当は他国で売れているもの、もしくは本国の人が他国へ旅行した際に、購入する頻度が高い商品などは実験的に本国でも販売してもいいのではないかと思うのですが、あまり見かけませんよね。

多分にこれは、女性を主にターゲットにしているからだと思います。コンビニなどではよく見られますが、昔よく買っていた、周りも好きだったのに、ふと見ると、商品がこの世から消えていたなんてことはありますよね。

もちろん、単純に飽きることがありますが、同じものをずっと購入していること、使うこと、持つ事がかっこ悪い、いや、常に新しいものを持っていること、知っていることがかっこいいという風潮のせいでしょうか。
その風潮を作り出した張本人達は、今新しいものを作るのに悪戦苦闘していますよね。まさしく、負のスパイラルです。

もう少し、視点を変えて、嗜好性の横幅を広げれば良いのではないかと思うのですが・・・
かなり昔(まだ純粋な時代)、初めて海外旅行で香港に行き、マクドナルドに行ったときにパイナップルパイが売っていて(最近は分かりませんが)、軽く衝撃がありました。アップルパイ以外にもパイがあったのかexclamation&question しかも、パイナップルなんて、響きが良い。

試しに買ってみたら、それはもう、アップルパイしか知らない自分にはパイナップルパイがとてもおいしく、こんなんでさすが海外だなーと笑
これを何で日本で売らないのかと今でも思っています。いや、むしろ梨などコンポートでおいしいモノなら他にもあるだろうと。。。 国によって食材の仕入れ原価が変わりますので、一概に全部同じにはできません。しかし、他にもできることはあるのではないかと・・・
アップルパイともう1つ・・(同じサイズ/箱/形で)
また、そういったものを求めに行く、出会うのが海外店舗での楽しみでもあるかもしれませんが・・・
新商品だけではなく、商品交流が他国食文化との交流に繫がり、その国の人達は、こんな味が好きなのかと多くの人が感じ、新たな知への欲求に繫がったりするんだと思います。

もう、流行の香辛料のかけ過ぎで、お腹一杯ですがく〜(落胆した顔)
posted by Cosplish at 14:40| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Review the world | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。