日本発!世界初!<br>エンターテイメント語学スクール<br>「Cosplish」<br/>: Maxima! Broken English - vol. 110-
日本発exclamation世界初exclamationNEWエンターテイメント語学スクールですぴかぴか(新しい)
語学wo学ぶのにまじめにやっていたら長く続きませんよね。
重要なのは継続すること。
「継続は力なり」です。 では、継続するのには何が必要ですか・・・exclamation&question 
手(パー)そう、必要なのはまずは「楽しむ」ことです。
CosplishはFun-Funの関係をMottoに、生徒と先生、みんなが楽しい時計を過ごしながら身に付く、学べる語学スクールを追求していきたいと思っています。
そして、誰もが自分を飾らず、隠さず目に自分自身をオープン無料にして学べる、スキルグッド(上向き矢印)スポットを目指しますexclamation
英会話はツールアートです。
使い方を学び、使う場所を選び、使う時に出会う。話したい相手、話さなくてはいけない相手に自分の意思を伝えることが重要であって、道具屋さんを目指す必要はありません。それぞれの方法で目的に近づくために、習い慣れるよう、少々の努力を入れてください。
Cosplishはそんな貴方が楽しく演劇気持ちよくカラオケ、多少のストレス禁煙も発散リゾートしながら、目的に達するお手伝いをいたしますexclamation×2

2008年08月13日

Maxima! Broken English - vol. 110-

みなさん、元気ですか〜exclamation123手(グー)
やる気があれば何でも出来る。
言う気があれば、誰でも言えるMaxima! Broken Englishの時間です。時計

さて、今日のピックアップWORDは・・・ Let's check this word「hurt」!

hurtの基本概念はcause painで痛みを起こすという意味です。
これは肉体的、精神的のどちらの意味でも使います。精神的な意味で苦しめるという意味にもなります。また、自動詞でMy legs hurt.のように、「痛む」という意味にも使ったり、困るという意味でも使います。
hurtの他にはharm,unjure,woundがありますが、harmが一番基本的な語で害するというニュアンスになります。

では、いくつかのシチュエーションを見て行きましょう。

怪我等していて、痛そうな人や、何か触れたら痛そうなものを前に、
Does it hurt?
痛む?

古傷が・・
冬になると古傷が痛むんだよね。
An old wound hurts in winter.

次のは日本語でも同じ感覚ですよね?
あの契約が取れなかったのは痛かったな。
Losing that contract really hurt.

1番のDoes it hurt?から、
足を動かさないでください、そんなに痛くないですよ。
Hold your legs still; this won't hurt much.

どうでしょう?ちょっとした頭の体操にもなりますよね。各シチュエーションは違えど、hurtのイメージが膨らみましたか?その調子で頭を柔軟にしていきましょう。

See you next飛行機

☆8月のレッスンスケジュールがアップされましたexclamation

今月は英語カラオケ講座を開始しますexclamation
当日の開催場所は秋葉原駅周辺のカラオケ店となりますexclamation
ひらめき予約受付は下記のとおりですので、ご注意ください。
時計各講座の3日前まで

詳しくはぜひぜひ、カテゴリ「講座スケジュール」をご覧ください。
又は、公式コミュニティーをcheck it outexclamation

何かご質問やご要望などがございましたら、お気軽にcosplish@gmail.comまでご連絡ください。
posted by Cosplish at 00:33| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Maximal Broken English | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/104654509
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。