日本発!世界初!<br>エンターテイメント語学スクール<br>「Cosplish」<br/>: may need new eye contact lenses before made solid eye contact?
日本発exclamation世界初exclamationNEWエンターテイメント語学スクールですぴかぴか(新しい)
語学wo学ぶのにまじめにやっていたら長く続きませんよね。
重要なのは継続すること。
「継続は力なり」です。 では、継続するのには何が必要ですか・・・exclamation&question 
手(パー)そう、必要なのはまずは「楽しむ」ことです。
CosplishはFun-Funの関係をMottoに、生徒と先生、みんなが楽しい時計を過ごしながら身に付く、学べる語学スクールを追求していきたいと思っています。
そして、誰もが自分を飾らず、隠さず目に自分自身をオープン無料にして学べる、スキルグッド(上向き矢印)スポットを目指しますexclamation
英会話はツールアートです。
使い方を学び、使う場所を選び、使う時に出会う。話したい相手、話さなくてはいけない相手に自分の意思を伝えることが重要であって、道具屋さんを目指す必要はありません。それぞれの方法で目的に近づくために、習い慣れるよう、少々の努力を入れてください。
Cosplishはそんな貴方が楽しく演劇気持ちよくカラオケ、多少のストレス禁煙も発散リゾートしながら、目的に達するお手伝いをいたしますexclamation×2

2008年07月29日

may need new eye contact lenses before made solid eye contact?

米男性がNY地下鉄で一目ぼれ、女性見つかるも成就せず

NYの地下鉄で理想の女性に出会ったという男性が、インターネットで女性の身元をつきとめて交際するに至ったが、ハッピーエンドとはならなかったことが明らかになった。
ブルックリン出身のウェブ・デザイナー、パトリック・モバーグさん(当時21)は昨年11月にマンハッタンの地下鉄の車内である女性に一目ぼれ。その後その姿を見失ってしまったモバーグさんは、この女性を探すためにウェブサイト(www.nygirlofmydreams.com)を立ち上げ、女性の似顔絵を公開した。48時間後にはこの女性に関する情報を知らせる電話や電子メールがモバーグさんのところに相次いだという。
 それにより、この女性はオーストラリアのメルボルン出身でブルックリンに住んで雑誌社でインターンとして働くカミール・ヘイトンさん(23)と判明。しかし、モバーグさんはその後、説明のないままウェブサイト更新を止めてしまっていた。
 一方のヘイトンさんは、オーストラリアのサンデー・テレグラフ紙に対し、モバーグさんとは2カ月間ほど交際したもののうまくいかなかったと明かした。


記事にはパトリックさんがヘイトンさんとsolid eye contactをしていたと書いてありますが、どうやら勘違いだったようで・・・
外国行くと、外国人とよく目が合いますよね?警戒なのか、なんとなく周囲を見る人が多いのか・・・・
日本人は大抵寝てますしね、その辺の過ごし方?はかなりお国柄が出る気がします。

しかし、このヘイトンさん、実は女優の卵だそうで、
Sex and Cityにもちょい役で出るそうです。
まあ、なんというか、要するにIt just didn't work out....なんですよねexclamation&question失恋
posted by Cosplish at 14:41| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Review the world | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。