日本発!世界初!<br>エンターテイメント語学スクール<br>「Cosplish」<br/>: con man・・・?
日本発exclamation世界初exclamationNEWエンターテイメント語学スクールですぴかぴか(新しい)
語学wo学ぶのにまじめにやっていたら長く続きませんよね。
重要なのは継続すること。
「継続は力なり」です。 では、継続するのには何が必要ですか・・・exclamation&question 
手(パー)そう、必要なのはまずは「楽しむ」ことです。
CosplishはFun-Funの関係をMottoに、生徒と先生、みんなが楽しい時計を過ごしながら身に付く、学べる語学スクールを追求していきたいと思っています。
そして、誰もが自分を飾らず、隠さず目に自分自身をオープン無料にして学べる、スキルグッド(上向き矢印)スポットを目指しますexclamation
英会話はツールアートです。
使い方を学び、使う場所を選び、使う時に出会う。話したい相手、話さなくてはいけない相手に自分の意思を伝えることが重要であって、道具屋さんを目指す必要はありません。それぞれの方法で目的に近づくために、習い慣れるよう、少々の努力を入れてください。
Cosplishはそんな貴方が楽しく演劇気持ちよくカラオケ、多少のストレス禁煙も発散リゾートしながら、目的に達するお手伝いをいたしますexclamation×2

2008年07月17日

con man・・・?

NYの男性がサブウェイを提訴、パンから刃渡り18センチのナイフ

刃渡り18cm・・ということは、もちろんロングサイズですよね。
まさか、レギュラー(15cm)じゃないですよねー

しかし、サブウェイを利用する人はご存知の通り、基本的にはパンの種類、野菜選び、ドレッシングに塩コショウの有無と一通りセレクトできて、外国では結構細かくオーダーする人が多いと思います。
チーズも選べますので、(日本はできなそうですが・・)今日はなんのチーズにしようか、ミックスしようかとか迷いますけどね。
たまに思うのが、ほとんど最初の基本オーダーはいらないような・・・
原形とどめてないし。。。。

それで、18cmのナイフが入っていたということですが、入れたら確実に気づくと思いますけどね・・・ 仮にうまく早業で入れたとしても、持ったときにかなり重量が違うと気づくはず、なんといってもこの人サブウェイのお得意さんらしいですから。

サブウェイの兄ちゃんが入れるというのも、考えられなくはないですけど、何のため?と疑問がありますよね。このお客さんが毎回むかつくのかもしれませんけど、ナイフ入れるなら、針入れるでしょう。
もしくは、銃弾とかね。

なんだか、この人は単に詐欺師な気がしますがね。こんなんで、本当にお金取れたら、結構プロなのでは。。。と思いますが。
サブウェイの兄ちゃんもグルだったりしてね。
posted by Cosplish at 14:33| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Review the world | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。