日本発!世界初!<br>エンターテイメント語学スクール<br>「Cosplish」<br/>
日本発exclamation世界初exclamationNEWエンターテイメント語学スクールですぴかぴか(新しい)
語学wo学ぶのにまじめにやっていたら長く続きませんよね。
重要なのは継続すること。
「継続は力なり」です。 では、継続するのには何が必要ですか・・・exclamation&question 
手(パー)そう、必要なのはまずは「楽しむ」ことです。
CosplishはFun-Funの関係をMottoに、生徒と先生、みんなが楽しい時計を過ごしながら身に付く、学べる語学スクールを追求していきたいと思っています。
そして、誰もが自分を飾らず、隠さず目に自分自身をオープン無料にして学べる、スキルグッド(上向き矢印)スポットを目指しますexclamation
英会話はツールアートです。
使い方を学び、使う場所を選び、使う時に出会う。話したい相手、話さなくてはいけない相手に自分の意思を伝えることが重要であって、道具屋さんを目指す必要はありません。それぞれの方法で目的に近づくために、習い慣れるよう、少々の努力を入れてください。
Cosplishはそんな貴方が楽しく演劇気持ちよくカラオケ、多少のストレス禁煙も発散リゾートしながら、目的に達するお手伝いをいたしますexclamation×2

2008年08月19日

NO complain No trouble

ステーキに髪を混入したシェフに禁固6カ月

確かに海外は適当な対応や仕事が多い。
しかし、飲食店では特に気をつけることがある。
それは、文句の付け方と付ける相手。

注文が違ったりしたときに、いちいちこれ頼んでないとかクレームをつけてはいけません。
そんな時は、とりあえず全部食べて、気の弱そうorフレンドリーな店員を見つけて、まだ頼んだOOが来ていないと告げましょう。
そうしたら、品物+謝罪がもらえます。

これをクレームつけた場合、ちょっとイラっと皿を下げて、後ろで面倒なやつらだな〜→髪の毛入れとくか?(一同)笑
となる可能性が否めません。がく〜(落胆した顔)
posted by Cosplish at 13:50| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Review the world | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Kill you bitch! by GOD

牧師が銃を振りかざし「ぶっ殺してやる!」

71歳の牧師さん、ホルスターから抜いてないと主張。
大体、銃を身につけている牧師っていうのは、なんじゃらほい。
さすが、信仰に熱いキリスト教ですかね。ジーザスいーながら、民間人を掃射してしまうのですから。
自愛に満ちて、慈愛を解く・・・
posted by Cosplish at 13:43| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Review the world | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。