日本発!世界初!<br>エンターテイメント語学スクール<br>「Cosplish」<br/>
日本発exclamation世界初exclamationNEWエンターテイメント語学スクールですぴかぴか(新しい)
語学wo学ぶのにまじめにやっていたら長く続きませんよね。
重要なのは継続すること。
「継続は力なり」です。 では、継続するのには何が必要ですか・・・exclamation&question 
手(パー)そう、必要なのはまずは「楽しむ」ことです。
CosplishはFun-Funの関係をMottoに、生徒と先生、みんなが楽しい時計を過ごしながら身に付く、学べる語学スクールを追求していきたいと思っています。
そして、誰もが自分を飾らず、隠さず目に自分自身をオープン無料にして学べる、スキルグッド(上向き矢印)スポットを目指しますexclamation
英会話はツールアートです。
使い方を学び、使う場所を選び、使う時に出会う。話したい相手、話さなくてはいけない相手に自分の意思を伝えることが重要であって、道具屋さんを目指す必要はありません。それぞれの方法で目的に近づくために、習い慣れるよう、少々の努力を入れてください。
Cosplishはそんな貴方が楽しく演劇気持ちよくカラオケ、多少のストレス禁煙も発散リゾートしながら、目的に達するお手伝いをいたしますexclamation×2

2008年08月04日

腰パン禁止令!

ズボンから下着が見えたら罰金刑!?

腰パン禁止令exclamation 公共の場でズボンから3インチ(7.6cm)以上下着が見えていたら25ドル(約2,500円)という厳しい罰金刑が施行されることになったらしい。

そもそも、腰パンは90年代初めにヒップホップ系アーティストが始め、アフリカ系米国人(黒人)の若者を中心に流行し、自殺防止でベルトが使えない刑務所が発祥の地だという。
黒人ファッションでは、他にも裾上げなどがある。これは俺は武器を持っていませんぜexclamationというサインで、今よりもっと昔は黒人と見たら犯罪者と思われていて、なんだかんだいちゃもんをつけられて、ボディチェックを受けていた時期がある。そういった中で、こういうファッションもある意味無言の主張・抵抗なんですが、結局流行になり、本来の意味なんかどうでもよくなってしまうんですよね。
そうすると、単にやっぱり見た目の悪さや、そういった服装の犯罪者が多かったりして、ホワイト社会との壁も中々崩れていかないんですよね。
マイケルムーア監督の映画の中で、黒人への差別についてドキュメンタリーで警察官や黒人の若者にインタビューをしていたなかで、一人の若者が警官に射殺されてたのですが、理由を聞くと銃を持っていたから撃った。正当防衛であると。しかし、その撃たれた若者が持っていたのはスニッカーズだったのです。チョコレートバーが銃に見えたと。。。
こういうびっくりニュースはアメリカ社会の難しさと先進国とは?を考えさせられるニュースかもしれませんね。
posted by Cosplish at 14:36| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | Review the world | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。