日本発!世界初!<br>エンターテイメント語学スクール<br>「Cosplish」<br/>
日本発exclamation世界初exclamationNEWエンターテイメント語学スクールですぴかぴか(新しい)
語学wo学ぶのにまじめにやっていたら長く続きませんよね。
重要なのは継続すること。
「継続は力なり」です。 では、継続するのには何が必要ですか・・・exclamation&question 
手(パー)そう、必要なのはまずは「楽しむ」ことです。
CosplishはFun-Funの関係をMottoに、生徒と先生、みんなが楽しい時計を過ごしながら身に付く、学べる語学スクールを追求していきたいと思っています。
そして、誰もが自分を飾らず、隠さず目に自分自身をオープン無料にして学べる、スキルグッド(上向き矢印)スポットを目指しますexclamation
英会話はツールアートです。
使い方を学び、使う場所を選び、使う時に出会う。話したい相手、話さなくてはいけない相手に自分の意思を伝えることが重要であって、道具屋さんを目指す必要はありません。それぞれの方法で目的に近づくために、習い慣れるよう、少々の努力を入れてください。
Cosplishはそんな貴方が楽しく演劇気持ちよくカラオケ、多少のストレス禁煙も発散リゾートしながら、目的に達するお手伝いをいたしますexclamation×2

2008年02月07日

Maximal Broken English - vol. 8 -

みなさん、元気ですか〜!

やる気があれば何でも出来る。
言う気があれば、誰でも言えるMaximal Broken Englishの時間です。

We have feezing days recently.
I hope you not to catch cold.
However It becomes best ski/snowboard season now.
You should put your desk and pen away, and get your holiday.

さて、今日は駅や電車で外人に話しかけられた(方向を尋ねられた)シチュエーションでの対処法です。

この前は道を聞かれたときのシチュエーションをお話しましたが、実際は電車や駅の方が路線によっては話しかけられることが多いかもしれませんね。
特にフリータイムで観光途中より、電車での移動時のほうが間違えたらどうしようとか思っちゃいますしね。日本人も外人もみんなそこは同じです。

もちろん、最近は日本の駅では英語での放送やホームでは英語も併記してあるし、ガイドブックもそこそこ充実しているし、自力で解決する人はいますが、何となく漢字圏など全く理解できない言語の国では色々と不安を持つ人も少なくありません。

では、成田空港からの路線で東京へ向う場合、大抵終着駅は上野か東京ですが、結構の人がホテルの関係で日暮里、日本橋、錦糸町などで乗り換える場合がありますね。特に上野より日暮里乗換えが便利な人が多いですよね。

仮に、外人さんが池袋に宿を取っていた場合、Is this going to Ikebukuro?と聞かれたら、なんて答えましょうか?

This train goes to Nippori not to Ikebukuro, you have to change the line to Yamanote line at Nippori.までどうにか言ってみますか?

これでは、ちょい1文が長いですし、外人さんが全て英語ぺらぺらとは限りません。

もっと簡単で短く伝わるポイントがあります。

This is for Nippori. At Nippori, change to green line.
green line go Ikebukuro.

ここでは、isすらいらないかもしれません。

いきなり日本に来てYamanote lineと言ってもわかりづらいので、
せっかく分かりやすく色別されている各線の色を言うと相手もわかりやすいですね。電車に限らず、バスでも、〜行き、〜の方向ですか?と聞く場合は、Is this for OOOO. 逆にOOOOに行きますよ。だったら、This is for OOOOだけで十分ですね。

ホームでの場合、来た電車がOOOOに行くかと聞かれると大抵どの電車も行くけど、次、その次の快速や、急行、特急のほうが早く、そっちの方がいいんだけど・・・・なんていったらよいか・・・ということがありますね?

そういった場合も難しく考える必要はありません。
快速ならrapid
急行ならexpress
特急ならlimited express
各駅ならLocal
とアナウンスでも電光掲示板でも流れています。

なので、各駅が来て、Is this going to Uenoと言われたら、
yes, but slow.
Take next train もしくは、Take next limited express(次が特急の場合)
と6語で十分伝わります。

日本人の場合、一番時間を取るのは丁寧に言おうとしてしまうことですね。
日本語自体がとても丁寧できれいな言語なので、そこから英語を考えるともちろん命令形とされるような簡潔な英語は使いにくかったり、完全な文になっていないと伝わらないのでは?と萎縮してしまったりすることが多く見受けられます。

しかし、何にしてもその場その状況で伝わることが先決で、ちゃんと言いたいから次の日まで待ってなんてことはできません。
そうすると、どうしても単語が少ないとかなり限定されてしまいます。
まずは、日ごろの見るものを英語でなんていうのだろうと疑問を持つことで、毎日見るものを覚えていく、次に簡単な動詞を覚えることで随分と範囲が広がることでしょう。

それでは、また次回
see you next

☆ATTENTION☆

24日(日曜)は無料体験レッスンをします!
コスプレ先生の感じを掴むには・・・・予約メールをしましょう。
席に限りがございますので、当日の受付はいたしておりません。
詳しくは、ブログ横のカテゴリにある「活動スケジュール」をご覧下さい。
posted by Cosplish at 13:06| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | Maximal Broken English | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。