日本発!世界初!<br>エンターテイメント語学スクール<br>「Cosplish」<br/>
日本発exclamation世界初exclamationNEWエンターテイメント語学スクールですぴかぴか(新しい)
語学wo学ぶのにまじめにやっていたら長く続きませんよね。
重要なのは継続すること。
「継続は力なり」です。 では、継続するのには何が必要ですか・・・exclamation&question 
手(パー)そう、必要なのはまずは「楽しむ」ことです。
CosplishはFun-Funの関係をMottoに、生徒と先生、みんなが楽しい時計を過ごしながら身に付く、学べる語学スクールを追求していきたいと思っています。
そして、誰もが自分を飾らず、隠さず目に自分自身をオープン無料にして学べる、スキルグッド(上向き矢印)スポットを目指しますexclamation
英会話はツールアートです。
使い方を学び、使う場所を選び、使う時に出会う。話したい相手、話さなくてはいけない相手に自分の意思を伝えることが重要であって、道具屋さんを目指す必要はありません。それぞれの方法で目的に近づくために、習い慣れるよう、少々の努力を入れてください。
Cosplishはそんな貴方が楽しく演劇気持ちよくカラオケ、多少のストレス禁煙も発散リゾートしながら、目的に達するお手伝いをいたしますexclamation×2

2008年01月08日

海外おたく情報局第一弾「Viz media」

Hello! MaidinEnglish2号です。
海外おたく情報第一弾は、[Viz media]です。
Viz mediaは、集英社、小学館が共同でアメリカに作った
日本のアニメ、漫画の英語版出版社です。
Viz mediaには、英語バージョンのアニメ公式サイトがたくさんあり、
特にBleach, Narutoは海外で凄い人気だそうです。
Bleachの英語公式サイトは、リスニングの勉強になるストーリーナレーション
付きのアニメ宣伝動画があるので、クリックしてみてくださいね。
トップページ中の「WATCH NOW」をクリックすれば見れます。

http://bleach.viz.com/
posted by Cosplish at 20:26| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外おたく情報局 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Maximal Broken English - vol.1 -

昨日から、とうとうほとんどの人が、仕事始めをしたのではないでしょうか?

さて、今年のCosplishの方針として、超使える実践的な英語を「Maximal Broken English」としました。
そこで、「Maximal Broken English」とはどんなもの?となりますよね。

簡単に今日は例題を出してみたいと思います。

みなさん、学校で習った英語ならばもちろんThis is a penから始まり、
I go to school. I went to school. I will go to school.・・・・と順を追って習ってきたと思います。

仮に海外の英語学校に行った場合も、現実的な英語を習いますが、やはりそこはしっかりとした英語を教えなければならないので、この程度で十分だよ、などとは言いません。

向こうにいるときは英語の環境にいるので、喋る機会、聞く機会がたくさんあり、毎回の授業が日常的に出てきたりして、英語をどんどん吸収できるわけですよね。
まあ、日本人の人といつもつるんでいて、ほとんど伸びない人も多々見受けられますが・・・・

それはさておき、こっちに帰ってきたり、大学までいかなかったりすると、
意外と中途半端な英語だなーと思ったりしません?
日本に帰ってきて、極端に分からなくなったり、英語力全般が低下するのを肌身で感じたりしませんか?

やはり、言語を慣れで覚えたら、もちろん慣れがなくなれば失っていくでしょう。

そこで、日本で就職して、海外経験がちょっとあろうものなら、今時の企業では若くても通訳などでいきなり駆り出されることもしばしば。

しかし、日本語でも説明が難しい商品を扱っていたり、職種、業界などで色々日常会話なら〜いけるのにと思い悩んではいませんか?

結局、そんな時には単語が命になってきます。

単語と発音がしっかりとしていれば、相手にも伝わりますし、大事なポイントを取りこぼすこともないでしょう。

もちろん、旅行やレストランなどでも同じで、いくら滞在経験があっても、慣れが失われれば、意外と対応できないこともあり、こんな簡単なsituationも完璧にいけないのかーとまたまた凹むこともあるのではないでしょうか?

まず、この辺りでポイントをいくつか挙げれば、
1、単語(語彙)
2、発音
3、自分発信(会話の主導権をなるべく自分側にする)
の3つの力が必要です。

例えば、Broken Englishの初級で、
自分と友達2人(男1人、女1人)と人気レストランを8時に予約しているとします。

女友達は8時10分前になっても来ません。多分、いつも化粧が濃く、派手な服装をしているので、今夜も手間取っているのでしょう。
しかし、人気レストランなので、あまり遅れてしまうとキャンセルされてしまいますので、自分は男友達と先に行こうと考えます。
この時に、大抵の日本人ならば、レストランまでもちょっと時間が掛かるから、もうここを離れた方がよいと言うか、いつもどおり遅いだろうから、もう行こうというか、一応理由までも言おうと考えると思います。

そして、行くにしても出発と言ったら良いか、ここを離れようというか、色々と迷ったりもすると思います。

そういったところは日本人の良さであるのですが、いざつたない英語で話そうとすると、I〜〜I, We--- ・・・・go to--- restaurant...... と、言い直しをしたりして、なるべく文法的に正しく喋らないと通じないと思い、一回のセンテンスの中で何回も直そうとしたりしますよね。
これが、実は一番英語が伸びず、更に相手にも伝わりにくい原因なのです。

これくらいだったら、
Me and you go together now で十分伝わります。

そして、意外とI から始めるより、Meからの方がいいやすく、それでも向こうはそこまで問題ありません。
では、ポイントに当てはまっているか?

1、単語:
私 と あなた 行く いっしょに 今
多分、外人が日本語をこういって話しても、これだけで状況によったら十分伝わりませんか?

2、発音:
本当だった、You and Iですが、少し話せる日本人ならばI and youというところでしょう。
そんなときに, I and you と Me and youどちらが言いやすいか言ってみてください。
確実にMe and youのほうがスムーズに発音できると思います。
このスムーズさが大事なのです。
そして、go to restaurant と go togetherはどちらがいいやすいでしょうか?
行くところはレストランです。この時にわざわざレストランに行きましょうと言わなくともよいのです。
更に、レストランの発音は意外と難しいものです。そして、toはほとんどトゥではなく、togetherに音が吸収されてしまいます。もちろんネイティブの人はto と togetherを微妙に言っていますが・・・
しかし、私たちの場合、声の音質も違いますし、発音もよくない。
だから、最初から go togetherと言ってしまったほうが、よりネイティブに近い発音にもなるのです。

3、自分発信(会話の主導権をなるべく自分側にする)

自分発信というのは、自分から会話を始めるだけではなく、
会話のレベルを決めるということです。
これ以外の様々なsituationでもそうですが、相手はこちらがBroken Englishを使えば、当然それに見合ったレベルに下げてきます。そうすれば、こちらはYesだけの返答だけではなく、「会話」を成立させることができます。
言語自体は幼稚園の子供よりも劣るかもしれませんが、常識や会話自体は大人です。
要するにこちらも言えることを言えば、会話自体はしっかりと成立してくるわけです。

最初にも言いましたが、英語は慣れです。

Me and you go together nowから、徐々に
>Me and you go restaurant together now
>I and you go to restaurant together now
> You and I go to restaurant together now
> We should go to restaurant now
> Let's leave here now, we are late....
etc..

と変化していけばいいのです。

Maximal Broken Englishでは英語はツールと考えます。
自分達のバックグランドをどう相手に伝えるか、相手とどう会話するかを考えたときに、正しい文法や完璧な発音を1から習おうとしても、既に私たちの年齢の脳では難しいですよね。
365日、24時間暇があって、経済的にもゆとりがあるのならよいですが。

仕事でも、旅行でも、新しい友達でも様々なところで話さなければいけない機会が増えている今日、
「伝わる」「伝える」>「ネイティブのように話す」より重要ではないのでしょうか?
posted by Cosplish at 16:37| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Maximal Broken English | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お正月はどうでしたか?

お久しぶりです!
MaidinEnglish2号です。年末年始バタバタしてしまい、ブログ更新がご無沙汰になってしまいました。。。2月のオープンに向け、お正月モードから心機一転、着々と準備を進めていきたいと思っております。また、ブログにて海外でのサブカル情報を和訳して、定期的にアップしていきますのでお楽しみに!
posted by Cosplish at 13:21| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | What's new | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。