日本発!世界初!<br>エンターテイメント語学スクール<br>「Cosplish」<br/>
日本発exclamation世界初exclamationNEWエンターテイメント語学スクールですぴかぴか(新しい)
語学wo学ぶのにまじめにやっていたら長く続きませんよね。
重要なのは継続すること。
「継続は力なり」です。 では、継続するのには何が必要ですか・・・exclamation&question 
手(パー)そう、必要なのはまずは「楽しむ」ことです。
CosplishはFun-Funの関係をMottoに、生徒と先生、みんなが楽しい時計を過ごしながら身に付く、学べる語学スクールを追求していきたいと思っています。
そして、誰もが自分を飾らず、隠さず目に自分自身をオープン無料にして学べる、スキルグッド(上向き矢印)スポットを目指しますexclamation
英会話はツールアートです。
使い方を学び、使う場所を選び、使う時に出会う。話したい相手、話さなくてはいけない相手に自分の意思を伝えることが重要であって、道具屋さんを目指す必要はありません。それぞれの方法で目的に近づくために、習い慣れるよう、少々の努力を入れてください。
Cosplishはそんな貴方が楽しく演劇気持ちよくカラオケ、多少のストレス禁煙も発散リゾートしながら、目的に達するお手伝いをいたしますexclamation×2

2008年01月13日

2月の開催予定スケジュールと受講方法

Hello everyone!!

下記、「Cosplish」2月の開催予定スケジュールです。

2/3(日)13:00-14:00, 14:00-15:00, 15:00-16:00
2/9(土)13:00-14:00, 14:00-15:00, 15:00-16:00
2/10(日)13:00-14:00, 14:00-15:00, 15:00-16:00
2/16(土)13:00-14:00, 14:00-15:00, 15:00-16:00
2/17(日)13:00-14:00, 14:00-15:00, 15:00-16:00
2/23(土)13:00-14:00, 14:00-15:00, 15:00-16:00
2/24(日)13:00-14:00, 14:00-15:00, 15:00-16:00

場所:秋葉原にある損保会館

開校クラス:1日につき3クラスを開校

形式:セミナー

予約方法:cosplish@gmail.comへ下記の1〜6の必須項目をお送りください。

1、申込者氏名
2、住所
3、性別
4、年齢
5、希望受講日
6、希望受講時間

◎受講までの流れ
1、受講日時を決める。
2、cosplish@gmail.comに必須項目を記入の上、メールを送信する。
3、予約受付完了のメールをもらう。
4、開校メールをもらう。(振込先口座名の情報を受け取る)
5、お支払い(こちらでお振込みを確認次第、受講手続き完了メールをお送りします。
6、受講手続き完了メールをもらう。(お客様番号と当日の教室番号を受け取る)
7、当日、受付にてお客様番号でチェックインする。
8、コスプレ先生から最強ブロークンイングリッシュ講座を受ける。

*1クラス定員20名です。一人につき、何クラスでも受講可能です。定員に満たないクラスは開催いたしません、他のクラスをご案内いたします。
*申し込みメール受領後、2日以内に講座予約受付完了メールをお送りいたします。
posted by Cosplish at 19:41| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 講座スケジュール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1/13 On-street promotion in Akihabara

Hello! MaidinEnglish2号です。
今日は、秋葉原でコスプレ先生達がストリートプロモーションをやりました!
コスプレ先生達が秋葉原の歩行者天国に登場すると、いきなりわーっと人だかりが出来て、写真を撮られまくっていました。
コスプレ先生達もまんざらじゃなさそうで、しっかり決めポーズを作って写真撮影に応じていました。
コスプレ先生達に寄って来た人達に、先生達が、英会話スクール「Cosplish」の宣伝フライヤーを渡して、「I'm 英会話の先生。」と言うとみんなびっくりしていましたが「こんな 先生達がいたら面白そう!」と評判は上々でしたexclamation
毎週日曜日に、コスプレ先生は秋葉原に出没予定なので、先生達に直接会いたい人達は、
秋葉原の歩行者天国に来て見て下さいね晴れ
今日のストリートプロモーションの様子を写真に撮ったので、アップしまするんるん

DSCN1772.jpg
左-Jack SpalowことAdam先生、中央-セーラことMimmi、右-アムロことKen

DSCN1779.JPG
歩行者天国で大人気のコスプレ先生。

DSCN1781.jpg
歩行者天国にいた、外人コスプレーヤーと一緒にポーズ。

DSCN1769.jpg
今日は寒かったので、寒さしのぎにマックでちょっとブレイク。

DSCN1783.JPG
アムロKen先生のソロショット。

DSCN1784.jpg
セーラMimmi先生のソロショット。

DSCN1785.jpg
両手に花のJack Adam先生。

2/3(日)から秋葉原損保会館にて、英会話スクール「Cosplish」スタートします!
2月開催日:1日につき3クラス開校

2/3(日)13:00-14:00, 14:00-15:00, 15:00-16:00
2/9(土)13:00-14:00, 14:00-15:00, 15:00-16:00
2/10(日)13:00-14:00, 14:00-15:00, 15:00-16:00

◎2月後半のスケジュールは活動スケジュールをご覧下さい。◎

セミナー形式なので、cosplish@gmail.comまで下記のように申し込みメールを送って
くださいね。
申込者氏名:
住所:
年齢:
希望受講日時:


●1クラス定員20名です。一人につき、何クラスでも受講可能です。定員に満たないクラスは開催いたしません、他のクラスをご案内いたします。

◎受講方法の詳しくは活動スケジュールをご覧ください。◎
 
みなさん、「最強のブロークンイングリッシュ」を身に付けて世界中の人と話せるようになりましょうexclamation×2
posted by Cosplish at 19:05| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

海外おたく情報局第5弾「theotaku.com」

Hello! MaidinEnglish2号です。海外おたく情報第5弾は、「theotaku.com」です。
1998年にAdamさんが開設したコミュニティサイトで、色々な漫画の同人誌イラストが
会員から投稿されていて、Ainime Newsも定期的にアップされています。
月間2,000万PVを誇るサイトです。

http://www.theotaku.com/

イラストを描ける人は、投稿してみたら楽しいかも知れませんね!
posted by Cosplish at 00:00| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外おたく情報局 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月12日

Maximal Broken English - vol.3 -

みなさん、元気ですか〜!

やる気があれば何でも出来る。
言う気があれば、誰でも言えるMaximal Broken Englishの時間です。

It's bloody cold today,ins't it?

さて、今日は旅人がホテルを旅先で予約するときのちょっとしてコツをお教えします。

昨今、日本でもバックパッカーが多くなりましたね。
まあ、日本人の場合は小さなスーツケースで何週間がプチパッカーになる人もいますが。

そこで、パック旅行(ツアー)が嫌いな風来坊の人たちはもちろん現地で行き当たりばったりな旅が目的なので、その時その時にホテルを探しては予約していくと思います。

ここで、既に多少喋れる人、自分なりの適当な英語で喋りつつできるようになっていく過程がいいんだという人は今回はここまで。笑

まあ、ちらっと最初はガイドブックの英会話で話しかけてみたけど、いつもなんとなくスムーズに行かないなー、相手はネイティブじゃないから通じないんだ〜なんて思ったり、予想する人は続きをどうぞ。

まず、適当なホテルを見つけた場合、値段と空いているか知りたいですよね?
基本的にルーム内の状態を知りたいなんて人は最初から3つ☆以上に泊まりましょう。
日本でも部屋を見て決めることはまずないはずです。

では、ホテルに入り、レセプションに付きました。
この時に自分からは「Hi how are you?」と話しかけましょう。
そして、「fine, good」などと返答がきたら、すかさず「single(twin,double) vacancy?」と尋ねましょう。
ここで、よく「Do you have any room? or Do you have any vacancy?」と言う人がいますが、
これだと、相手にsingleかtwinかなど色々と質問返しされてしまいます。
なので、最初から泊まりたい部屋の種類で尋ねるのがポイントです。

次に、「yes」と答えたら、「Price?」と語尾を上げる。
いちいち、「How much is that room per night?」なんて言わなくても、むしろ「How much?」と言わなくてもOKです。それに私たち黄色人種?関係ないか・・・ 英語圏でなく、しかも英語がつたないと余計ハウマッチ攻撃は相手の態度もよろしくありません。
それより、ちょっと慣れた感じでPrice?と一言いうほうが、より対等ですね。

ここで、色々と説明されると思いますが、00ダラー ナイト だけ聞き取れればOKです。
で、確認のため繰り返し、00ダラー語尾を下げ、one night?語尾を上げ、 聞き返せばconfirmできます。、

間違っても、One more pleaseや Can(Could) you say that again?などと聞かないことですね。

こちらが、00ダラーone night?と聞いて、金額が間違っていれば、向こうが数字だけ言い直しますし、
何かスペシャルで、3nightsだったとしても、その部分だけ言い直します。

要するに、会話レベルの主導権はこちらにあり、向こうが色々オファーしてきても、重要なポイントだけは再確認できるわけです。

この時に、greedyな貴方は「Breakfast?」と聞いちゃってください。
00ダラーと言われたら、無料じゃない。
「Free」と言われたら、無料です! 多分、この時に何時〜何時とか言われると思いますが、
大抵、数字だけ聞き取れればその時間前に早起きしちゃえば、万事OKです。

では、Enjoy your journey !!

see you next
posted by Cosplish at 14:47| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | Maximal Broken English | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

海外おたく情報局第4弾「Cosplay.com」

Hello! MaidinEnglish2号です。
海外おたく情報第4弾は、「Cosplay.com」です。
名前の通り、コスプレーヤーのコミュニティサイトです。
いつから始めたのか、分かりませんがおそらく2004,5年あたりに
オープンしたサイトだと思われます。運営はラスベガスにある
Cosplay.com,LLCがやっており、日本語ページも2年前から更新
されていませんが、あります。そこにはサイトの管理人兼写真家の
カイル ジョンソンさんが運営していると書いてあります。
現在、世界中で50,000人以上のコスプレーヤーが会員登録しているみたいです。
サイト上で、世界各地の会員が投稿してくるコスプレ写真がアップされています。
外人さんは、ウィグがナチュラルに似合ってうらやましい限りです!

http://www.cosplay.com/

posted by Cosplish at 01:56| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外おたく情報局 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月10日

海外おたく情報局第3弾ーOTAKU USA

Hello! MaidinEnglish2号です。
海外おたく情報第3弾は「OTAKU USA」です。
OTAKU USAは、アメリカの日本サブカルチャー紹介マガジンで、
アニメ、漫画だけでなく、コスプレやJ-POPなども紹介しています。
2007年6月の創刊で、編集長は古くから日本のサブカル愛好者で、
「オタクinUSA 愛と誤解のジャパニメーション輸入史」の著者でも
知られるパトリック・マシアスさんです。出版社は「SFマガジン:SCI FI Magazine」を
発刊しているソブリン・メディアです。こういう雑誌を英語教材で使うと
面白そうですね!

http://www.otakuusamagazine.com/index.php

posted by Cosplish at 20:39| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外おたく情報局 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Maximal Broken Englihsh - vol.2 -

みなさん、元気ですか〜!

やる気があれば何でも出来る。
言う気があれば、誰でも言えるMaximal Broken Englishの時間です。

さて、今日はレストランでのちょっとしてコツをお教えします。

日本より海外のレストランは大衆食堂か、「レストラン」か、ランクが結構全面に出てますよね。
なんというか、お店に入ると結構サービスも違うし、全体的な威圧感とか?感じたりしません?

まあ、日本人はお金持ってますから、語学力関係なく、どこでも行っちゃいますよね。
そんなときに、あまりにも通じなかったりして、ちょっとした騒ぎになったりしますよね〜〜笑
って、そんなの関係ね〜?、元々そこまでなんないって?

一応、なる人、なってしまうのでは?と思っている人だけ、聞いてください。

意外と日本でも無意識にやっている人が多いと思いますが、
言葉の最後に付ける単語でなんとなーく対応できるのです。

例えば、大衆食堂や安い居酒屋チェーン店に行ったときに、
「お飲み物は何にしますか?」と聞かれたら、「生で。」「ビール」「俺焼酎ロック」とかって言いません?
じゃあ、そこまで高くないけど、普段のデートで行くようなお店では?
「ビール1つと、カシスオレンジ1つで(をお願いします)」と、少し砕けてはいるけど、一応ぶっきらぼうには言わないと思います。
では、そこそこお高いレストランに行ったら?
「ビール1つとカシスオレンジ1つをお願いします、(メニューを下げられ)あ、すいませんorありがとうございます」と結構、萎縮するというか、ウェイターさんに気を遣いますよね。
そういった、マナーがない人はそのまま意志を貫いてもらればいいですが。・・・

じゃあ、これを海外のレストランで考えると、

What would you like to drink(sir)?

大衆食堂:(私)beer、(相手)coke
で、いいのです。あえて言うなら、発音には気をつけて、ビアーと。それに、人差し指を立てて1つと加えれば十分です。

レストラン:(私)me beer(相手)she coke、(私)one beer, one coke
で十分です。もう少し言える?なら、最後にPleaseと付けましょう。 これ位短縮してもなんら問題ないですし、現地の人もこんな感じで言う人はたくさんいます。
まあ、多少はにかむような笑顔があれば、最高ですね。

ちょい高レストラン:(私)me beer(相手)she coke, please, thanks、(私)one beer, one coke please,thank you
という感じに、最後にThanks or Thank youと軽く言う感じで付け加えれば問題ないです。
ただ、注意として、Thanks a lot, Thank you very muchなどと最初から言わないことです。
それと、語尾は軽く上げる感じで、日本語だとああ、ありがと♪みたいな感じがいいですね。
ダンディーな人ならば、Thank youとちょっと、かっこよく言えばいいのですが。

メニューが読めない?人はどうすれば・・・?
これはちょっと努力してもらうしかないですね。英会話ブックで余計なセンテンスを覚えるようとする時間があれば、より多くのメニュー単語を覚えましょう。それと発音も。行く前に何回か発音しておきましょう。

実際には、食べたいものの単語をメモして、それと同じ単語を見るのが一番ですね。

どうしても見ても分からないのであって聞かなければならないのならば、

Excuse me, here..... any 「食べたいものの単語)」food(語尾上げる)? と言えば、色々と言ってくると思います。

向こうも、grill... steam.....などとまあ、いくつか言ってきますので、料理法の単語は最低おさえて置くのがいいですね。

どこでもそうですが、単語と発音さえ分かっていれば、向こうも理解しやすく、相手のことも理解しやすいです。
どんなに簡単でも発音が駄目なら通じませんし、相手も言っていることも理解できません。

ただ、聞けるのと分かるのは違いますから、単語自体の意味を知らなくてはいけないのは言うまでもありません。

では、また次回お会いしましょう。

see you next
posted by Cosplish at 13:51| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Maximal Broken English | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月09日

海外おたく情報局第2弾ーAnime Expo 2008

Hello! MaidinEnglish2号です。
海外おたく情報第2弾は「Anime Expo 2008」
です。今年で16回目を数える由緒あるアニメフェスで、毎年ロサンジェルスで行われています。このフェスのすごい所は、第一回目の開催から一貫して、NPO法人の運営でスタッフは全てアニメ好きのボランティアが行っている事です。最初は2,000人弱のイベントだったのが、今では45,000人規模の一大アニメフェスになっています。今では、同時期にニューヨークでも開催し、2004年には、逆輸入という形で東京でも開催されています。

http://www.anime-expo.org/

Cosplishで英語を勉強して、世界のアニメファンと交流しましょう!
posted by Cosplish at 23:37| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外おたく情報局 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月08日

海外おたく情報局第一弾「Viz media」

Hello! MaidinEnglish2号です。
海外おたく情報第一弾は、[Viz media]です。
Viz mediaは、集英社、小学館が共同でアメリカに作った
日本のアニメ、漫画の英語版出版社です。
Viz mediaには、英語バージョンのアニメ公式サイトがたくさんあり、
特にBleach, Narutoは海外で凄い人気だそうです。
Bleachの英語公式サイトは、リスニングの勉強になるストーリーナレーション
付きのアニメ宣伝動画があるので、クリックしてみてくださいね。
トップページ中の「WATCH NOW」をクリックすれば見れます。

http://bleach.viz.com/
posted by Cosplish at 20:26| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外おたく情報局 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Maximal Broken English - vol.1 -

昨日から、とうとうほとんどの人が、仕事始めをしたのではないでしょうか?

さて、今年のCosplishの方針として、超使える実践的な英語を「Maximal Broken English」としました。
そこで、「Maximal Broken English」とはどんなもの?となりますよね。

簡単に今日は例題を出してみたいと思います。

みなさん、学校で習った英語ならばもちろんThis is a penから始まり、
I go to school. I went to school. I will go to school.・・・・と順を追って習ってきたと思います。

仮に海外の英語学校に行った場合も、現実的な英語を習いますが、やはりそこはしっかりとした英語を教えなければならないので、この程度で十分だよ、などとは言いません。

向こうにいるときは英語の環境にいるので、喋る機会、聞く機会がたくさんあり、毎回の授業が日常的に出てきたりして、英語をどんどん吸収できるわけですよね。
まあ、日本人の人といつもつるんでいて、ほとんど伸びない人も多々見受けられますが・・・・

それはさておき、こっちに帰ってきたり、大学までいかなかったりすると、
意外と中途半端な英語だなーと思ったりしません?
日本に帰ってきて、極端に分からなくなったり、英語力全般が低下するのを肌身で感じたりしませんか?

やはり、言語を慣れで覚えたら、もちろん慣れがなくなれば失っていくでしょう。

そこで、日本で就職して、海外経験がちょっとあろうものなら、今時の企業では若くても通訳などでいきなり駆り出されることもしばしば。

しかし、日本語でも説明が難しい商品を扱っていたり、職種、業界などで色々日常会話なら〜いけるのにと思い悩んではいませんか?

結局、そんな時には単語が命になってきます。

単語と発音がしっかりとしていれば、相手にも伝わりますし、大事なポイントを取りこぼすこともないでしょう。

もちろん、旅行やレストランなどでも同じで、いくら滞在経験があっても、慣れが失われれば、意外と対応できないこともあり、こんな簡単なsituationも完璧にいけないのかーとまたまた凹むこともあるのではないでしょうか?

まず、この辺りでポイントをいくつか挙げれば、
1、単語(語彙)
2、発音
3、自分発信(会話の主導権をなるべく自分側にする)
の3つの力が必要です。

例えば、Broken Englishの初級で、
自分と友達2人(男1人、女1人)と人気レストランを8時に予約しているとします。

女友達は8時10分前になっても来ません。多分、いつも化粧が濃く、派手な服装をしているので、今夜も手間取っているのでしょう。
しかし、人気レストランなので、あまり遅れてしまうとキャンセルされてしまいますので、自分は男友達と先に行こうと考えます。
この時に、大抵の日本人ならば、レストランまでもちょっと時間が掛かるから、もうここを離れた方がよいと言うか、いつもどおり遅いだろうから、もう行こうというか、一応理由までも言おうと考えると思います。

そして、行くにしても出発と言ったら良いか、ここを離れようというか、色々と迷ったりもすると思います。

そういったところは日本人の良さであるのですが、いざつたない英語で話そうとすると、I〜〜I, We--- ・・・・go to--- restaurant...... と、言い直しをしたりして、なるべく文法的に正しく喋らないと通じないと思い、一回のセンテンスの中で何回も直そうとしたりしますよね。
これが、実は一番英語が伸びず、更に相手にも伝わりにくい原因なのです。

これくらいだったら、
Me and you go together now で十分伝わります。

そして、意外とI から始めるより、Meからの方がいいやすく、それでも向こうはそこまで問題ありません。
では、ポイントに当てはまっているか?

1、単語:
私 と あなた 行く いっしょに 今
多分、外人が日本語をこういって話しても、これだけで状況によったら十分伝わりませんか?

2、発音:
本当だった、You and Iですが、少し話せる日本人ならばI and youというところでしょう。
そんなときに, I and you と Me and youどちらが言いやすいか言ってみてください。
確実にMe and youのほうがスムーズに発音できると思います。
このスムーズさが大事なのです。
そして、go to restaurant と go togetherはどちらがいいやすいでしょうか?
行くところはレストランです。この時にわざわざレストランに行きましょうと言わなくともよいのです。
更に、レストランの発音は意外と難しいものです。そして、toはほとんどトゥではなく、togetherに音が吸収されてしまいます。もちろんネイティブの人はto と togetherを微妙に言っていますが・・・
しかし、私たちの場合、声の音質も違いますし、発音もよくない。
だから、最初から go togetherと言ってしまったほうが、よりネイティブに近い発音にもなるのです。

3、自分発信(会話の主導権をなるべく自分側にする)

自分発信というのは、自分から会話を始めるだけではなく、
会話のレベルを決めるということです。
これ以外の様々なsituationでもそうですが、相手はこちらがBroken Englishを使えば、当然それに見合ったレベルに下げてきます。そうすれば、こちらはYesだけの返答だけではなく、「会話」を成立させることができます。
言語自体は幼稚園の子供よりも劣るかもしれませんが、常識や会話自体は大人です。
要するにこちらも言えることを言えば、会話自体はしっかりと成立してくるわけです。

最初にも言いましたが、英語は慣れです。

Me and you go together nowから、徐々に
>Me and you go restaurant together now
>I and you go to restaurant together now
> You and I go to restaurant together now
> We should go to restaurant now
> Let's leave here now, we are late....
etc..

と変化していけばいいのです。

Maximal Broken Englishでは英語はツールと考えます。
自分達のバックグランドをどう相手に伝えるか、相手とどう会話するかを考えたときに、正しい文法や完璧な発音を1から習おうとしても、既に私たちの年齢の脳では難しいですよね。
365日、24時間暇があって、経済的にもゆとりがあるのならよいですが。

仕事でも、旅行でも、新しい友達でも様々なところで話さなければいけない機会が増えている今日、
「伝わる」「伝える」>「ネイティブのように話す」より重要ではないのでしょうか?
posted by Cosplish at 16:37| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Maximal Broken English | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お正月はどうでしたか?

お久しぶりです!
MaidinEnglish2号です。年末年始バタバタしてしまい、ブログ更新がご無沙汰になってしまいました。。。2月のオープンに向け、お正月モードから心機一転、着々と準備を進めていきたいと思っております。また、ブログにて海外でのサブカル情報を和訳して、定期的にアップしていきますのでお楽しみに!
posted by Cosplish at 13:21| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | What's new | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月01日

☆☆最高の片言英語!!!

明けまして〜おめでとーございます!
大晦日はどう過ごしていましたか?
紅白を見ていましたか?
K-1で熱くなりましたか?
それとも、パーティに出かけましたか?

今年は白組が勝ちましたねー
なんと、東京タワーが白に点灯していました。
以前、読売新聞で東京タワーの方が、今後の東京タワーについての抱負を語っていたのを思い出しました。
新東京タワーの建設により、今の東京タワーの行く末はどうなるのか?ということについて、
これからは様々なオファーを受け、東京タワーをより効果的に使っていただけるように映画やTV番組などとのタイアップ企画を実現し、よりエンターテイメント性の面を強く押し出していきたいと語っていました。

今まであるものが、変革していくことはとてもいいことですね。
これでなくてはいけない!ということは、そのものが冒険する過程を潰し、新しい可能性を捨てていることだと思います。

Cosplishも今年からは本格的に始動し、英語という分野の中で固定概念をどんどん壊していき、
新しい可能性に挑戦していきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

さて、今年のCosplishの目標として、「Maximal Broken English」というのを掲げていきます!
直訳すると「最高の片言英語」です。

今までも、サバイバルイングリッシュなど、実用的、実践的と言われた英語が数多く生み出されていますが、
CosplishではBroken Englishを更に深く追求し、他の実践的英語より100倍使える英語をproposeしていきたいと思います。
posted by Cosplish at 14:03| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | What's new | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。